WordPress

WordPress5.0で旧エディター(Classic Editor)を使う方法

Gutenberg
WordPress5.0から新エディターである「Gutenberg」がリリースされました。

Gutenbergは機能性にとても優れたエディターなのですが、旧エディター利用者にとっては使いにくさを感じる場面が結構あると思います。

ひつじくん
ひつじくん
テキストエディター使いであるワイ、グーテンベルグは死ぬほど使いづらい・・・

「旧エディターを使いたい!」という場合には、クラシックエディターをプラグインでインストールする必要があります。その方法についてざっくり記事にしておきますね。

WordPressの「Classic Editor」をインストール

「プラグイン」>「新規追加」

プラグイン新規追加

WordPressの管理画面から「プラグイン」>「新規追加」と進んでください。

「Classic Editor」をインストール

Classic Editor

「Classic Editor」と検索しましょう。見つかったらインストールして有効化します。

旧エディターを復元完了!

Classic Editor

これで旧エディター(Classic Editor)を使うことができるようになりました。

Gutenbergは12月7日に正式リリースされたばかりということもあり、まだまだ使いにくい部分もあるエディターだと感じます。機能面はなかなか素晴らしいんですけどね。

しばらくは旧エディターでの執筆の方がおすすめです。Gutenbergに移行するのはアップデートが進んで、もっと使いやすくなってからでも良いでしょう。

WordPressテーマ「JIN」
JINテーマイメージ

JIN(ジン)は読む人も書く人も、どちらも心地よく使える最高のWordPressテーマを目指して作り上げました。

月100万円以上稼ぐアフィリエイターのノウハウが凝縮されているテーマです。売れるメディア作りに必要なものは、このテーマ内にすべて揃えました。

JINをダウンロード!